区立施設の再編整備

 

ページ番号1004426  印刷 

「杉並区区立施設長寿命化方針」・「杉並区一般施設長寿命化計画」(令和3年3月)

区では、区立施設の老朽化などの課題に対して計画的に対応することで財政負担の軽減及び平準化を実現し、将来に渡って区民に安全・安心な施設サービスを提供していくことを目的に、区立施設の長寿命化に向けて、施設の現状や長寿命化の基本的な考え方を整理した「杉並区区立施設長寿命化方針」、学校施設、公営住宅以外のその他の一般施設に関する長寿命化に向けての取り組みについて定めた「杉並区一般施設長寿命化計画」を策定しました。

(注)教育委員会では、「杉並区立学校施設整備計画(第2次改築計画)」を策定しました。「杉並区立学校施設整備計画(第2次改築計画)」についてはリンク先のページをご覧ください。

「区立施設再編整備計画(第一期)・第二次実施プラン(平成31~33年度)」(平成30年11月)

区立施設再編整備計画(第一期)・第二次実施プラン(平成31~33年度)(2019~2021年度)を策定しました。計画の策定に当たっては、区で作成した計画案を、「広報すぎなみ」9月1日号等でお知らせし、説明会や区民等の意見提出手続き(パブリックコメント)などで、皆さんから貴重なご意見をいただきました。これらのご意見をもとに計画案に修正を加え、計画を決定しました。

区立施設の再編整備の推進

区は、多くの区立施設が次々と更新時期を迎える中、少子高齢化の進展や人口減少など時代とともに変化する区民ニーズに的確に責任を持って応えるとともに、将来にわたって持続可能な行財政運営を行っていくため、杉並区区立施設再編整備計画を策定し、区立施設の再編整備を推進しています。

区立施設の再編を考えるシリーズ

「区立施設再編整備計画」の目的や進め方などを分かりやすくお伝えしていくために、広報すぎなみ及び区ホームページで連載をしてきたコラムの内容です。(平成29年7月1日~平成30年3月1日の毎月1日号に掲載)

学識経験者からのメッセージ