在宅重症心身障害児(者)レスパイト訪問看護事業

 

ページ番号1016964  更新日 平成29年6月19日 印刷 

在宅の重症心身障害児(者)の介護者の休養等を目的に、自宅に出向いてケアを行うサービスです。

在宅の重症心身障害児(者)を介護している家族等の休養を図ることなどを目的に、区が契約した訪問看護ステーションの看護師が自宅に出向いてケアを行います。

対象

  1. 区内在住の重症心身障害児(者)で65歳未満の方
  2. 身体障害者手帳または愛の手帳の交付を受けており、特に医療的ケアが必要な方

注:障害福祉サービスの利用により介護の代替が可能な方や、入院加療が必要な状況にある方は対象から除きます。詳しくは、お問い合わせください。

利用回数

年間24回の範囲で、月最大4回まで利用できます。1回あたり2時間から4時間まで、30分単位で利用できます。

費用

区民税課税世帯は、所得に応じた費用負担があります。なお、登録の申込みの際に必要になる主治医意見書にかかる費用については、区民税額に応じて3,000円を上限に助成します。

手続き方法

初めて利用を希望される方は、あらかじめ登録の申込みが必要になりますので、下記のお問い合わせ先までご相談ください。登録後は、区が契約した訪問看護ステーションに直接利用の予約をしてください。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部障害者施策課管理係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-8808