若年性認知症相談窓口

 

ページ番号1032616  更新日 令和3年4月1日 印刷 

若年性認知症とは、65歳未満で発症した認知症性疾患を総称していいます。社会的な役割も大きい若年期に発症するため、家族への経済負担・介護負担も大きくなる傾向にあります。
杉並区では若年性認知症に関する身近な地域の相談窓口として、杉並区役所高齢者在宅支援課に「若年性認知症相談窓口」を設置しています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部高齢者在宅支援課地域包括ケア推進係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0687