ウェルファーム杉並

 

ページ番号1038928  更新日 令和3年4月1日 印刷 

ウェルファーム杉並 誰もが気軽に利用できる福祉と暮らしのサポート拠点

ウェルファーム杉並(Wellfirm Suginami)は、天沼3丁目にある荻窪税務署および国家公務員宿舎の跡地等に整備する、複合施設棟と特別養護老人ホーム棟(3年度開設予定)の2つの建物からなる複合施設の愛称です。

複合施設棟と特別養護老人ホーム棟(令和3年度開設予定)を合わせてウェルファーム杉並になります。

愛称「ウェルファーム杉並」の由来
WellのWはWelfare(幸福、福祉)やWell-being(健康)、EはEverybody(誰もが)、LはLighthearted(気軽に)、最後のLはLife(生活、暮らし)の頭文字です。Firmは、しっかりと植え付けるといった意味のほか、医療チームという意味でも使われます。この2つの単語をつなげた造語で、誰もが気軽に利用できる区民の福祉と暮らしのサポート拠点としての施設をイメージしたものです。区民の方から応募いただいた愛称の中から決定しました。

ウェルファーム杉並の地図

  • 住所
    〒167-0032 杉並区天沼3丁目19番16号
  • 交通アクセス
    電車:JR中央線、東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」(北口)徒歩10分
    バス:関東バス(中村橋駅・荻窪駅北口間 荻06)、関東バス(練馬駅・荻窪駅北口間 荻07)で「ウェルファーム杉並」下車徒歩1分

(広報すぎなみ連載)福祉と暮らしのサポート拠点ウェルファーム杉並

ウェルファーム杉並は、区民の皆さんの生活を幅広く支えるための拠点として、30年春にオープンしました。
この連載では、ウェルファーム杉並内の各組織が相互に連携を図りながら行っている相談対応の例を紹介します。

ウェルファーム杉並のコンセプト

誰もが気軽に利用できる区民の福祉と暮らしのサポート拠点

区内の在宅医療の推進や、区民が抱える困難な生活課題の解決を支援する在宅医療・生活支援センターをはじめ、区民の福祉や暮らしをサポートする施設・事業を集約し、相互の連携を図ることで、高齢者や障害(児)者、子どもなど、幅広く区民の生活を支える拠点としていきます。

ウェルファーム杉並の主な取り組み

1.福祉と暮らしの相談に応え、さまざまな活動や交流、集いの場を提供【複合施設棟】

外観写真
複合施設棟の外観写真

平成29年度まであんさんぶる荻窪にあった福祉事務所や消費者センターなどの移転に加え、新たに在宅医療・生活支援センターのほか、子育ての相談や乳幼児親子が気軽に集える場である子ども・子育てプラザ天沼、文化や趣味の活動等に利用できる天沼区民集会所などを設置。区民の生活を支え、多世代が利用できる、地域に開かれた施設とします。

複合施設棟内の施設

4階
  • 天沼区民集会所
  • 杉並区社会福祉協議会(杉並ボランティアセンター)
3階
  • 消費者センター
  • 在宅医療・生活支援センター
  • 杉並区成年後見センター
  • 基幹相談支援センター
2階
  • 杉並福祉事務所
  • 杉並区社会福祉協議会
1階
  • 就労支援センター
  • 生活自立支援窓口「くらしのサポートステーション」
  • 子ども・子育てプラザ天沼

さまざまな問題が重なり、困っている世帯を丸ごとサポート

親の介護と育児を同時に行うダブルケアや認知症の親と障害のある子など、複数の生活課題を抱えた世帯が増加しています。こうした世帯を、各相談機関等が在宅医療・生活支援センターによる調整のもと、高齢者や障害者、子育てなどの分野に横串を刺すように、丸ごとサポートしていきます。

モデルケース 認知症の母親(80代)となんらかの障害が疑われる息子(50代)

支援計画に基づく支援で世帯を丸ごとサポートするイメージ画像

  • 母親(80代)
    認知症を患っていて、消費者被害を疑った知人が民生委員に相談した。
  • 息子(50代)
    他人とのコミュニケーションを取ることに難があり、働くことに不安を感じている。安定した収入も得られておらず、母親の介護保険サービスの利用を拒否している。

母親と息子の状況を把握した民生委員が、近くの相談機関に相談。
 ↓
相談機関は、在宅医療・生活支援センターに相談。在宅医療・生活支援センターは、母親と息子の支援内容を1つの計画にまとめ、その計画に基づき、関係機関が世帯を一体的に支援(右図参照)。
 ↓
母親は消費者被害を最小限に抑えることができ、成年後見人が付いた。息子は就労先が見つかり、安定した収入を得られることで生活の不安が軽減。母親の介護保険サービスの利用拒否もなくなった。

2.「地域の支え手」をサポート【複合施設棟】

地域人材のイメージ画像

さまざまな世代の支援が必要な方(世帯)が孤立しないよう、杉並区社会福祉協議会や杉並ボランティアセンター【4階】が、各種ボランティアをはじめとした「地域の支え手」となる地域人材をサポートします。
また、在宅医療・生活支援センターと杉並区社会福祉協議会の地域支援ネットワーク、杉並ボランティアセンターなどが連携して、地域での支えあいの活動を広げるための仕組みをつくります。

3.医療に強い大規模な特別養護老人ホームを整備。自宅での療養生活もサポート(3年度開設予定)【特別養護老人ホーム棟】

3年度には、医療的ケアが必要な方や看取りまでの対応が可能で、かつ緊急時や軽度障害者にも対応するショートステイも併設した、区内最大級規模の特別養護老人ホームを開設します(定員200名以上)。
また、自宅での療養生活を支えるため、診療所や訪問看護ステーション等を併設する予定です。

在宅医療・生活支援センターと診療所・訪問介護ステーションの連携のイメージ図

特別養護老人ホーム棟に開設予定の施設(3年度開設予定)

特別養護老人ホーム(ショートステイ含む)、診療所、訪問看護ステーション、看護小規模多機能型居宅介護事業所、居宅介護支援事業所、障害者相談支援事業所


ウェルファーム杉並複合施設棟のご案内

【1階】くらしのサポートステーション(生活自立支援窓口)

2人の女子学生のイラスト

経済的なことや生活上のさまざまな不安、ひきこもりなど困りごとを抱えた方に寄り添いながら、解決に向けてサポートします。
 

お問い合わせ
くらしのサポートステーション 電話:03-3391-1751

【1階】就労支援センター

色とりどりの風船のイラスト

働きたい方のために、ハローワークと一体的に就労支援を行う施設です。働く自信を高める体験プログラムや、就労準備相談、職業紹介などを行い、応募・就職までをサポートします。就職後の相談もできます。

お問い合わせ
就労支援センター若者就労支援コーナー(すぎJOB) 電話: 03-3398-1136(直通)

【1階】子ども・子育てプラザ天沼

子ども・子育てプラザ天沼の写真

乳幼児を連れていつでも気軽に遊べ、ゆったりと過ごせる場です。また、子育てに関する講座や遊びのプログラムを実施するほか、各種サービスの情報提供と利用相談を行います。

お問い合わせ
子ども家庭部児童青少年課子ども・子育てプラザ天沼
電話:03-5335-7319(直通) 一時預かり専用電話:03-5335-9721(直通)

【2階】杉並福祉事務所

空を見上げる男女のイラスト

生活にお困りの方などの相談支援や、身体障害者と知的障害者の手帳の申請・交付等に関する相談を行います。また、生活保護受給者等への就労相談や求人情報の提供等を行います(ステップアップしごとコーナー)。

お問い合わせ
保健福祉部杉並福祉事務所 電話:03-3398-9104

【2階】杉並区社会福祉協議会

肩車する親子のイラスト

子育てのお手伝い、判断力の十分でない方の年金の手続きや公共料金の支払いなど、生活上の心配事について一緒に考えサポートします。

お問い合わせ
社会福祉法人杉並区社会福祉協議会 電話: 03-5347-1010(直通)

【3階】在宅医療・生活支援センター

介護士と医師と車のイラスト

自宅などの希望する場所で安心して療養ができるよう、本人や家族の不安や悩みに寄り添った助言のほか、看取りなどについて医療機関や関係機関との連携体制を強化します。
また、さまざまな問題が重なり、困っている世帯を関係機関が丸ごとサポートするための調整を図ります。

お問い合わせ
保健福祉部在宅医療・生活支援センター 電話:03-5335-7317(代表)

【3階】杉並区成年後見センター

杖を突いている老人と子どものイラスト

認知症、知的障害、精神障害等で判断能力が十分でない方の権利擁護や成年後見制度に関する相談、成年後見申立ての手続きをサポートします。

お問い合わせ
杉並区成年後見センター 電話:03-5397-1551

【3階】消費者センター

空を見上げる男女のイラスト

契約上のトラブルなど、消費生活に関するさまざまな相談を専門の相談員が対応します。
また、各種講座の開催や、消費生活に関連する情報を提供します。

お問い合わせ
区民生活部管理課消費者センター 電話:03-3398-3141
相談専用電話:03-3398-3121(平日午前9時~午後4時)

【3階】基幹相談支援センター

障害者の相談支援の拠点として、虐待防止、地域移行の促進、地域の相談支援体制の強化の取り組みなど、主に相談機関のバックアップ(後方支援)を行います。障害者虐待に係る通報窓口は、令和3年4月1日から基幹相談支援センターに変更しました。

お問い合わせ
障害者施策課基幹相談支援センター 電話:03‐5335‐7672
障害者の虐待通報専用ダイヤル 電話:03‐5335‐7345

【4階】天沼区民集会所

体操している2人の女性のイラスト

地域の方が学習や趣味、文化活動などさまざまな活動に幅広く利用できる場を提供します。
利用は公共施設予約システム「さざんかねっと」からお申し込みください。

お問い合わせ
天沼区民集会所 電話:03-5335-7330

【4階】杉並ボランティアセンター(杉並区社会福祉協議会)

車いすに乗った人と押す人のイラスト

地域福祉活動の支援、ボランティア活動の支援、車いすの短期貸し出し、きずなサロンの運営支援、ボランティア保険の受け付けなどを行っています。

お問い合わせ
杉並区社会福祉協議会 電話:03-5347-1017
杉並ボランティアセンター 電話: 03-5347-3939(直通)

【地階】駐輪場・駐車場

駐輪場(無料。194台 施設用含む)

利用時間:午前8時~午後10時

子ども・子育てプラザ天沼を利用する方は1階東側の駐輪場・ベビーカー置き場をご利用ください。

駐車場(有料。16台)

利用時間:午前8時~午後10時

【地階には、災害備蓄倉庫もあります。】

駐車場・駐輪場に関するお問い合わせ
保健福祉部杉並福祉事務所 電話:03-3398-9104

参考資料

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

このページの掲載内容については、上記の連絡先にお問い合わせください。

杉並区役所
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)