特別児童扶養手当

 

ページ番号1004706  更新日 令和3年10月20日 印刷 

特別児童扶養手当(国の制度)の概要

対象者

障害の程度が次のいずれかに該当する20歳未満の児童を養育している父又は母(または養育者)に手当を支給します。複数の障害がある場合は、個々の障害の程度が以下より軽度な場合でも該当となることがあります。
注:原則所定の診断書で障害程度の判定をします。

  1. 身体障害者手帳1~3級及び下肢障害4級の一部程度
  2. 愛の手帳1~3度程度
  3. 日常生活において常に介護・保護が必要、もしくは著しい制限を受ける精神障害や内部障害・疾患等を持つ児童

支給制限

次のいずれかにあてはまる方は受けられません。

  1. 児童が障害を理由とする公的な年金を受けている方
  2. 児童が児童福祉施設等に入っている方

注意:受給者・配偶者・扶養義務者の所得が所得制限基準額(詳しくは関連情報「各種手当等の所得制限基準額」をご覧ください。)以上の方は、資格を取得することはできますが、支給は停止します。

支給額

該当児童1人につき月額34,970円(障害が重い場合は月額52,500円)

支払方法

4月・8月・12月(ただし12月分は現在11月支払処理)に受給者の指定の金融機関の口座へ振り込みます。

手続き方法

次のものを持って、障害者施策課へお越しください。郵送による申請をご希望の方は申請書を送付しますので、お問い合わせください。

  1. 所定の診断書(用紙は障害者施策課にあります。) 
    注意:身体障害者手帳や愛の手帳をお持ちの場合、障害等級や手帳内容によっては、診断書の省略ができる場合があります。お問い合わせください。
  2. 請求者及び児童の戸籍謄本
  3. 受給者となる方名義の預金通帳
  4. 印鑑(朱肉を使うもの)
  5. 申請書に記載する方全員の個人番号カード(マイナンバーカード) など

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部障害者施策課障害者手当・医療係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)、03-5307-0781(直通) ファクス:03-3312-8808