養育医療の給付

 

ページ番号1004684  更新日 令和3年4月1日 印刷 

対象となる方

杉並区に居住する次のいずれかの症状に該当する未熟児で、生まれた時から継続して入院し養育を受ける必要があると指定医療機関の医師が認めた乳児(0歳児)が対象です。

  1. 出生体重が2,000グラム以下の乳児
  2. 生活力が特に弱く、次の「対象となる症状」を有している乳児

対象となる症状

  1. けいれん、運動異常
  2. 体温が摂氏34度以下
  3. 強いチアノーゼなど呼吸器、循環器の異常
  4. くり返す嘔吐(おうと)などの消化器の異常
  5. 強い黄疸(おうだん)

手続方法

担当地域の保健センターへ申請してください。

必要書類等

  1. 養育医療意見書(申請(受理)日の3カ月以内に発行されたもの)
  2. 養育医療給付申請書
  3. 世帯調書
  4. 同意書
  5. 乳幼児医療費助成に関する委任状(朱肉を使う印鑑が必要です。)
  6. 市町村民税額証明書等
    世帯全員の住民税額決定通知書または住民税課税(非課税)証明書等の原本とコピー(提出用)
    ただし、配偶者控除等で他の世帯員の被扶養者となっていることが確認できる場合は、その方の証明書は不要です。
    • 4月~6月の申請は前年度分のもの
    • 7月~3月の申請は当該年度分のもの
  7. 乳児本人の健康保険証のコピー(加入手続き中の場合は資格証明書又は扶養義務者のもの)
  8. 個人番号(マイナンバー)の確認書類
    世帯全員分それぞれのマイナンバーカード、通知カード(氏名・住所等の記載事項と本人の情報が一致している場合に限る)、住民票の写し(個人番号付き)のうちいずれか1点。
  9. 届出者の本人確認書類
    マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなどは1点。健康保険証、年金手帳などは2点。
  10. 代理権の確認書類(届出者が扶養義務者以外の場合)
    母子健康手帳、委任状(個人番号記載の取り扱いについての)、戸籍謄本(法定代理人の場合)などのうちいずれか1点。

申請書類は添付ファイルからダウンロードいただくか、事前に保健センターでお受け取りください。

公費負担額

医療保険を使って治療した場合の自己負担額

各保健センター等「所管区域一覧」は、次のページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課母子保健係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686