子育て世帯生活支援特別給付金の申請について(3年7月15日、11月1日更新)

 

ページ番号1066235  更新日 令和3年11月1日 印刷 

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、生活の支援を行う国の事業として給付金を支給します。以下の支給要件に当てはまる方が給付金を受け取るには、申請が必要です。
(注意)支給要件に当てはまっても、区から給付のお知らせが届いた方は、申請は不要です。

支給額

児童1人当たり5万円(1回限り)

対象者

以下の「養育要件」と「所得要件」の両方を満たしていて、かつこれまでに子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)や前住所地で同様の給付金を受け取っていない方
なお、児童手当(または特別児童扶養手当)を受給(申請)していて、3年度分住民税が非課税の方は、区から給付のお知らせを送るため、申請は不要です。

養育要件

平成15年4月2日から令和4年2月末に生まれの児童(特別児童扶養手当対象の児童は、申請時点で20歳未満)を養育する父母等

所得要件

次のいずれかに当てはまること

  1. 3年度分の住民税が非課税
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に家計が急変し、年収見込額が住民税非課税の基準相当となる見込み

申請方法

申請書に、要件に応じて必要書類を添付して、郵送(子ども家庭部管理課子ども医療・手当係(〒166-8570 杉並区阿佐谷南1丁目15番1号 区役所東棟3階)または窓口へ持参してください。
申請書等は、窓口で配布またはこのページの「申請書等(様式)」からダウンロードもできます。

申請期限

令和4年2月28日(必着)

申請書等(様式)

要件に応じて、申請書に必要な書類を添付してください。
なお、申請内容により、追加で書類の提出を求める場合があります。

申請書

家計急変した場合

令和3年1月以降の収入が減少し、年収見込額が住民税非課税の基準相当となる見込みの時に、収入見込額の申し立てに使います。

令和2年分所得が未申告で、非課税相当である場合

申請書の2(2)所得要件の「令和3年度住民税(均等割)が非課税」にチェックをつけた方で、令和2年中の収入を申告していない場合は、所得申告の手続きをしていただくか、支給要件の確認のため、申立書を添付してください。

その他の届出様式

届出が必要な場合は、以下をご確認ください。ご不明な点は、お問い合わせください。

給付金の受け取りを拒否する場合

給付金の受け取りを拒否する場合に使います。お早めにお申し出ください。

口座を変更する場合

給付金を受給する口座を変更する場合に届け出てください。
児童手当、特別児童扶養手当を受給している方で、手当の口座変更手続きをしている方は、本届出書の提出は必要ありません。

その他のお知らせ

  • すでに子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を受給した方や、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)について区から支給のお知らせが届いた方は対象外です。
  • 配偶者からの暴力等を理由に元の住所地から住民票を動かさずに避難している方や、離婚(協議中含む)により配偶者と別居している方は、ご自身が給付金を受け取れる場合がありますので、早めにご相談ください。

給付金事業についてのお問い合わせは、厚生労働省ホームページやコールセンターもご利用ください。

厚生労働省コールセンター(受付時間:平日午前9時~午後6時)

  • ひとり親世帯以外分 電話:0120-811-166
  • ひとり親世帯分 電話:0120-400-903

【10月29日で終了しています】杉並区子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)のコールセンターと臨時窓口を開設します

  • コールセンター(7月15日~10月29日)
    電話:03-5307-0340(土日祝日を除く午前8時30分~午後5時)
  • 臨時受付窓口(7月26日~10月29日)
    杉並区阿佐谷南1丁目15番1号 区役所東棟7階

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課子ども医療・手当係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686