ワクチン接種の概要

 

ページ番号1066214  更新日 令和3年9月28日 印刷 

1.接種対象者

接種を希望する満12歳以上の杉並区民が対象ですが、ワクチンが徐々に供給されるため段階的に接種を開始する予定です。

2.優先順位

3月19日付けで国から「基礎疾患を有する者の範囲について」の通知がありました。それに伴い基礎疾患の範囲を新たに追加しました。
4月12日の週に国から供給された2箱(約2,000回分)のワクチンについては、4月19日の週から特別養護老人ホーム南陽園等で先行して接種しました。

接種の順番
区分(優先順位順) 条件等
(1)医療従事者 新型コロナウイルス感染症患者(新型コロナウイルス感染症疑い患者を含む。以下同じ。)に直接医療を提供する施設の医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者の搬送に携わる救急隊員等及び患者と接する業務を行う保健所職員等を含む。)
(注)疑い患者には、新型コロナウイルス感染症患者であることを積極的に疑う場合だけでなく、発熱・呼吸器症状などを有し新型コロナウイルス感染症患者かどうか分からない患者を含みます。
(2)高齢者(65歳以上の方) 昭和32年4月1日以前に生まれた方
(3)高齢者以外で基礎疾患がある方
  1. 以下の病気や状態の方で、通院・入院している方
    • 慢性の呼吸器の病気
    • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    • 慢性の腎臓病
    • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
    • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
    • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
    • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    • 染色体異常
    • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    • 睡眠時無呼吸症候群
    • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療〔精神通院医療〕で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳〔愛の手帳〕を所持している場合)
  2. 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
    (注)BMIとは、体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った値です。計算式:体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)
(3)高齢者施設等で従事している方 高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障害者施設・救護施設等。)において、利用者に直接接する職員。
(3)60歳から64歳までの方 昭和32年4月2日から37年4月1日までに生まれた方

(6)12歳から39歳までの方

昭和57年4月2日から平成22年4月1日までに生まれた方
(注)今年度中に12歳になる方は、接種日を誕生日前日以降にしてください。

(7)40歳から59歳までの方

昭和37年4月2日から昭和57年4月1日までに生まれた方

[新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(2.2版)](厚生労働省)参照

3.接種費用

無料です。(全額公費負担)

【注意】新型コロナワクチンに便乗した詐欺行為等にご注意ください。
行政機関等が新型コロナワクチン接種に関して現金を要求することはありません。
不安に思った時や困った場合は警察署や国民生活センターにご相談ください。
・新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン:0120-797-188
・警察相談専用電話:♯9110
・杉並警察署 電話:03-3314-0110
 高井戸警察署 電話:03-3332-0110
 荻窪警察署 電話:03-3397-0110

4.接種回数と接種の間隔

同じ種類のワクチンを2回接種します。
ファイザー社のワクチンでは、通常1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

 

このページに関するお問い合わせ

杉並区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0570-666-542 ファクス:03-3391-1927