令和2年度 幼保小連携教育研修

 

ページ番号1056875  更新日 令和2年10月16日 印刷 

第1回幼保小連携担当者連絡協議会「幼保小連携と接続を図るための幼保小連携担当者の役割」
第2回幼保小連携担当者連絡協議会「子どもの発達や学びの連続性を踏まえた幼保小連携の在り方」
第1回幼保小連携教育研修「幼児期から児童期への発達の流れと学びをつなぐ教育」
第2回幼保小連携教育研修「育ちと学びをつなぐスタートカリキュラムのデザイン 合科的・関連的な指導と弾力的な時間割の工夫」

第1回幼保小連携担当者連絡協議会「幼保小連携と接続を図るための幼保小連携担当者の役割」

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止し、以下の資料を配布しました。

第1回幼保小連携教育研修「幼児期から児童期への発達の流れと学びをつなぐ教育」

研修風景

子どもの発達や学びの連続性を踏まえた幼保小連携と持続の在り方についての知識を習得し、幼児教育と小学校教育の充実と円滑な接続を図る推進者の養成を目指した研修を開催しました。幼児期のことばの育ちを、小学校の国語の学習にどう生かし、つないでいくかを考えました。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、区立小学校、子供園のみを対象に実施しました。

【日時】令和2年7月7日 午後2時~3時55分
【場所】セシオン杉並 1階展示室
【講師】國學院大學人間開発部准教授 吉永 安里さん

第2回幼保小連携教育研修「育ちと学びをつなぐスタートカリキュラムのデザイン 合科的・関連的な指導と弾力的な時間割の工夫」

スタートカリキュラムの具体的な事例を学び、幼保小接続期カリキュラムの理解を深めました。幼児教育の重要性やスタートカリキュラムをデザインする手順を学び、子どもの発達や学びの連続性を踏まえた幼保小連携と接続の在り方についての知識を習得しました。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、集合研修を中止し、講師のパワーポイントによる動画視聴をもって研修を行いました。限定公開のため、教育委員会が指定した学校(園)のみを対象としました。

【期間】令和2年7月29日から8月28日まで動画公開
【講師】大田区立松仙小学校 主任教諭 松村 英治 さん

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局就学前教育支援センター就学前教育係
〒166-0016 東京都杉並区成田西2丁目24番21号
電話:03-5929-9480(直通) ファクス:03-3311-0050