塚山公園に行ってきました(平成30年11月15日)

 

ページ番号1047121  更新日 平成30年11月15日 印刷 

お子さんとお散歩や公園遊びを楽しむにはちょうど良い季節になりましたね。
杉並区内には、たくさんの公園がありますが、その中でも珍しい縄文時代の遺跡がある公園があります。
今回は、塚山公園をご紹介いたします。

塚山公園とは

浜田山駅から15分ほど南へ行くと神田川があり、川沿いの桜並木に面した公園です。
昭和の発掘調査の際に土器や石器が出土し、多くの竪穴式住居跡が発見された縄文時代中期の遺跡の跡地に公園はつくられました。
遺跡と樹林の保全を目的にした5つの広場があり、復元された住居、出土品の展示や「遺跡と野鳥の森」などが設置されています。
管理棟内には、みどりの相談所と遺跡展示室があります。
池や広場、こども運動場もあり、さまざまなシーンで楽しめる公園になっています。
順番に5つの広場をご紹介します。

入口の写真
公園入口

敷石広場

管理棟の前にある広場です。
公園管理と遺跡展示のターミナルとしての役割を果たしています。
管理棟前広場の敷石は、地下の古代住居跡を色分けして表示してあり、一角に縄文時代の復元住居があります。
また、管理棟の中には、みどりの相談所と遺跡展示室があります。ここには非常勤の職員の方がいて、緑化相談などにのってくださいます。

住居の写真

遺跡と野鳥の森

敷石広場の奥が、遺跡と野鳥の森です。
古くからあった樹林の保存と野鳥を呼ぶゾーンです。
樹林の中央部は「バードバス」、野鳥の保護区です。ここには、コゲラ、モズなどもやってくるそうです。

樹木の写真

水辺の広場

樹林に囲まれて静かにたたずむ池を中心にした広場です。
岸辺には、ハナショウブ、ガマ、クワイ、オモダカなどの水生植物が植えられてえおり、水辺の植物の様子が観察できます。
池の周りは石が敷かれ、あずまやが建ち、広場の中ほどには「住居跡レプリカ」があります。

水辺の写真

住居跡の写真

こどもの広場

水辺の広場を通りすぎると、台地の斜面に渓流がもうけられています。
流れは自然石の間をくだって下段のじゃぶじゃぶ池にそそがれます。
その池の南に広がるのが「こどもの広場」です。
土の広場には、大きな遊具が2つあります。

渓流の写真

遊具の写真

ふれあい広場

色とりどりの花が咲く花壇や生垣の見本があり、明るくて西洋庭園のような雰囲気です。
そのすぐうしろが「ふれあい広場」。
ゲートボールもできる土の広場を芝生が円くとり囲んでいます。
周りにはサクラが植えられていますので、お花見の季節にはおすすめの場所です。
そのかたわらには、曲線的な設計の砂場とパーゴラをもうけた小さな子どもの遊び場があります。

ふれあい広場の写真

こども運動場

公園北側の神田川に面した低地にあります。広さは約4,500平方メートル。
主に少年のための運動場です。日頃は、地元の野球チームの少年少女たちが汗を流しています。

運動場の写真

施設詳細

住所:〒168-0073 杉並区下高井戸5丁目23番12号
電話番号:03-3302-8989
開園年月日:昭和63年3月31日
トイレ、だれでもトイレあり。
飲料販売機(管理事務所内)あり。
駐車場なし。駐輪場あり。

おわりに

住居跡レプリカや遊具で遊んだり、森の生き物を見つけてみたり、遊具で体を動かしてみたり、広場ごとにさまざまな楽しみ方が見つけられる公園です。
緑豊かなので、季節によっても眺めが変わってきます。
取材した日も鳥のさえずりがとても賑やかでした。
我が家の娘も保育園のお散歩でたびたび訪れており、遊具や遺跡で遊んだり、どんぐりや松ぼっくりをたくさん拾ってきたりと、お気に入りの公園です。
園内のベンチでお弁当を食べたり、ご友人と談笑されるご婦人の姿もみられ、幅広い年代に愛されています。
ぜひ一度、お子さんとお出かけしてみてください。

ライター「すぎラボ」kaon

 

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686