今がチャンス 子育て中の働き方講座 第1回「どうする?両立。自分らしい働き方」を聞いてきました(平成29年12月15日)

 

ページ番号1038157  更新日 平成29年12月15日 印刷 

はじめての子育てとともに、悩みを抱える方も多い「子育て中の働き方」。
そんなパパママの声に応えるべく、杉並区立男女平等推進センターの「今がチャンス!子育て中の働き方」講座(下記リンク)を「すぎラボ」メンバーが受講してきました。

第1回は9月12日、あんさんぶる荻窪にて「どうする?両立。自分らしい働き方」をテーマに開催されました。講座を企画運営するのは「こどもコワーキングbabyCo(ベビコ。下記リンク)」の皆さん。講師は「すぎラボ」の代表でもある曽山恵理子さん。

当日は、テーマに興味を持たれたパパママ19名が参加。託児付きで受講できることもあり、0歳児の初めてママもたくさんいらっしゃいました。

テキスト表紙

セミナーでは、「今のモヤモヤが少しでも晴れ、これからの「わたし」をイメージしやすい状態に。」をゴールイメージとして共有しました。講座形式でキャリア形成について学び、「こどもコワーキングbabyCo」での多様な働き方についての紹介もありました。

そして2つのワークショップとして、個々の目標設定のための「じぶん年表」の作成と、グループに分かれての「マインドマップ」の作成へと続きました。

講座で学んだキャリア形成では、生涯におけるライフロール(人生のそれぞれの時期で果たす役割)の話から、役割の始まりと終わりを年代別の図で表した「ライフ・キャリア・レインボー」を事例に、役割の重なりを組み合わせることで自己概念を形成していくことの重要性を学びました。
また、価値観の種類から、「計画された偶発性」(予期せぬ出来事)を楽しむことで、結果的に人生の質が向上することを伝えると、受講者は、メモを取りながら「なるほど」とうなずく姿が見られました。

後半は、杉並区の待機児童問題からbabyCoの活動をご紹介。在宅ワークや起業を考えている受講者が多かったため、コワーキングスペースへの関心が高かったようです。

2つのワークショップへ

まずは「じぶん年表」の作成

ワークショップの写真

自分とパートナー・子どもの年齢を書きとめ、自分のキャリアや10年後にありたい姿を書いていきます。そして、子どもにどんなライフイベントがあるのかに思いをはせることで将来の見通しができていきます。
子どものライフイベントを考えることで、出費と自分の仕事年収もイメージできました。

 

次に「自分らしい働き方」のマインドマップの作成

マインドマップ作成中の写真

3グループに分かれ、それぞれの思う「自分らしい働き方」や「理想の働き方」、「自分らしい生き方」をテーマにイメージを膨らませていきました。
あるグループでは、「家庭」「時間」「仕事」「自分」などを軸に「自分らしい働き方はどんな感じだろう?」と話していました。


 


発表の様子

発表では、「家族や夫と過ごす時間が今の自分たちにとってはとても大切で幸せである」との結果になったと笑顔で話されていました。


グループワークが終わった後は、皆さん打ち解けてきたようで、また連絡を取り合おうという雰囲気になり、名刺交換やライングループを作成する方々もいらっしゃいました。
実は私自身もそうですが、在宅ワークや起業を望む方も多かったので、「これからのわたし」が少しずつイメージできて、とても参考になりました。

「すぎラボ」ライター

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686