幼稚園ママでも働ける?私立幼稚園の長時間預かり保育ってなんだろう(平成28年9月15日)

 

ページ番号1027891  更新日 平成28年9月15日 印刷 

幼稚園のイラスト


 それは子どもが入園前の3月に行われた幼稚園の保護者会でのことです。「うちの幼稚園では、働くおかあさんを応援するために250日型の預かり保育を実施しています。」と園長先生がお話しされ、「へぇーそんなに預かってもらえるのか。小学校に入るまでは無理だと思っていたけど、もしかしたら幼稚園から働けるのかもしれないなぁ。」とうれしく思いました。
 杉並区内には、このように「長時間預かり保育」を実施している私立幼稚園が6園もあります。今回は、この制度について杉並区役所保健福祉部保育課子供園・幼稚園担当にお話を伺ってきました。

長時間預かり保育とは。

笑っている女性のイラスト

筆者:そもそも「長時間預かり保育」とはどのようなものですか。

担当者:
 杉並区内には40園の私立幼稚園がありますが、教育時間や教育内容、かかる費用などは幼稚園によりさまざまです。今回ご質問いただいた「長時間預かり保育」とは、区内40園の私立幼稚園のうち、6つの幼稚園で平日は通常の教育時間の前後に子どもを預けることができ、夏休みや春休みなどの長期休業中も同時間の保育を行い、年間でいうと約250日程度実施されている事業になります。この事業によって、就労や介護により子どもを長時間預かってもらう必要のある、幼稚園に子どもを通わせるご家庭のニーズに対応することを目的としております。
 杉並区では、平成22年度より区内の6つの私立幼稚園で実施している長時間の預かり保育に対して、区が補助金を交付しています。

筆者:この制度の狙いはどこにありますか。

担当者:
 ご存知のように、杉並区では保育園の待機児童が大きな問題になっています。子どもを預けて働きたいと考えるご家庭は今後も増えていくと予想されますが、同時に裁量労働制や在宅勤務の充実など働き方も多様化しておりますので、保育園に子どもを通わせるご家庭だけでなく、幼稚園に子どもを通わせるご家庭でも就労を希望される方が増えていくと考えられます。
 杉並区では、保育を希望されるご家庭の選択肢を増やすことと、幼稚園教育の振興を図るため、私立幼稚園で実施される長時間預かり保育を補助する事業を始めた経緯があります。

筆者:実施している幼稚園はどれくらいあるのでしょうか。

担当者:
 玉成幼稚園、久我山幼稚園、杉並央文幼稚園、世尊院幼稚園、西荻まこと幼稚園、明愛幼稚園、以上6つの私立幼稚園です。

筆者:どれくらいの時間子どもを預かってもらえるのでしょうか。

担当者:
 午前7時30分から午後6時30分までで、幼稚園教育時間も含みます。(長期休業中も同様です。)

筆者:料金はどれくらいかかりますか。

担当者:
 幼稚園教育の保育料以外に月額2万円以内で各園が設定しています。ただし、別途おやつ代等がかかる場合もあります。

筆者:どのような方が対象になりますか。

担当者:
 杉並区民であること、当該私立幼稚園に在籍していること、満3歳児から5歳児であること、保護者が週3日以上かつ20時間以上就労しており、ほかに保護者に代わって保育する方がいない世帯の子どもであることが条件です。

お母さんと幼稚園児のイラスト

最後に

 私はたまたま延長保育が充実した幼稚園に子どもを通わせることになり、この制度を知りました。ほかにも知らない方もいらっしゃるのではないかと思い、記事に取り上げました。今回は、区が定める保育時間等の要件に当てはまり、区が補助金を交付している6園をご紹介しましたが、それ以外にも多くの私立幼稚園で、教育時間以外の預かりを実施しているようです。
 区内には、働くにあたって子どもの預け先に困っている方は多いと思います。また、私のように働きたいなぁと考えていても、現在就労していない人は保育園なんてとても無理だと最初から諦めている方も多いのではないのでしょうか。親にとって、子どもを預ける場所の選択肢が増えることはうれしいこと。これから幼稚園入園を考えている方、これから働きたいなと考えている方へ、今回の記事が参考になればうれしく思います。

担当:さくらこ

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686