赤ちゃんカフェに行ってみませんか(平成28年5月15日)

 

ページ番号1023636  更新日 平成28年5月15日 印刷 

赤ちゃんカフェ

 赤ちゃんカフェと聞いて、どんなところをイメージしますか。

赤ちゃん連れ歓迎のカフェかな。
赤ちゃん用のドリンクが売っているお店かな。
赤ちゃんについて学ぶ勉強会かな。

写真 赤ちゃん同士が触れ合っている様子


どれもありそうな気がしますが、今回ご紹介するのは、こちら。
NPO法人 すぎなみ子育てひろば chouchou(以下:シュシュ)の、0歳に特化した子育てひろばです。

これが赤ちゃんカフェ

お部屋に入ると、たくさんの親子がおしゃべりに花を咲かせていました。
とっても仲がよさそうですね。

写真 たくさんの親子が談笑している様子


え、半分以上が初参加なんですか。
とてもそうは見えない盛り上がりっぷりですね。
赤ちゃんのチカラなのでしょうか。
スタッフの『つなぐ』チカラのおかげでしょうか。

受付で名前を書き、利用料500円を支払ったら(子育て応援券使えます)、あとは自由に過ごせます。

写真 笑顔でおしゃべりしているママ
おしゃべりするもよし
写真 カゴに入ったたくさんの雑誌
雑誌を読むもよし
写真 スタッフに育児相談しているママ
スタッフに育児相談するもよし
写真 計測している赤ちゃん
計測してもらうもよし

赤ちゃんカフェではドリンクの用意もあります。
今日のドリンクは3種類で、それぞれホットとアイスがありました。

  • ゆず茶(季節のドリンク)
  • カフェインレスコーヒー
  • シュシュオレ

珍しいもの好きな私はシュシュオレをオーダー。初めて出会う味です。おいしい。


写真 シュシュオレ
お菓子もついてます
写真 赤ちゃんを抱っこしたスタッフ
スタッフがいるのでホットでも安心

赤ちゃんカフェを始めたきっかけ

つどいの広場に来た赤ちゃんとママ。
せっかく来たのに、中に入らず帰ってしまいました。
なぜって、大きい子たちが元気よく走り回って遊んでいたから。

つどいの広場は、0歳から小学校入学前までの子どもたちが対象です。
同じ部屋で赤ちゃんを遊ばせるのが、怖かったのでしょうね。

そんな経験から、0歳の赤ちゃん親子でも、安心してゆったり過ごせる、赤ちゃんカフェが
生まれたのだそうです。

写真 赤ちゃんのアップ


0歳赤ちゃんのパパママ、赤ちゃんカフェでほっと一息つきませんか。
自分の赤ちゃんより大きい子や小さい子、たくさんの赤ちゃんを見ながら、我が子の成長を想像したり、
生まれたての可愛い頃を懐かしむ時間を持つのもいいものですよ。

赤ちゃんカフェ基本情報

利用できる方

0歳児親子

日時

第2木曜日 午後1時~3時

第3水曜日 午前10時~正午

場所 

シュシュ2階(外階段を利用して、2階入り口からお入りください。)

杉並区上荻3丁目22番13号

(住宅街で分かりにくいので、ウェブサイトでアクセスを確認するのがオススメ)

料金

親子で500円

(お茶とお菓子つき。ドリンクのおかわりは1杯100円)

予約
予約は必要ありません
詳細
詳細は下記リンク先をご覧ください。

ライター「すぎラボ」ヤリタガリ

地図

地図:シュシュ

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686