十人十箱のお弁当箱 その4(平成27年6月12日)

 

ページ番号1009603  更新日 平成28年1月21日 印刷 

イラスト:お弁当のイラストにシリーズのタイトル「十人十箱のお弁当箱」文字

2015年6月12日

どのご家庭にもきっとあるであろうお弁当箱。でも形やサイズ、色などのセレクトはもちろんのこと、入れる中身や作る側の愛と工夫の数々によって、きっとそのおうちならではの“お弁当箱”が出来上がっているはず。
この連載では、そんな各家庭のお弁当箱に詰まった思いをご紹介していきます。

その4 Nさん(お子さん:10歳・7歳)

写真:4つのお弁当。ウインナや唐揚、かまぼこ、プチトマトなど

質問:どんな頻度でお弁当を作っていますか

回答:

旦那さんには毎日作っています。子供のお弁当は、小学校の運動会や遠足などの学校で必要な時、息子の部活の試合の時です。

質問:今使っているお弁当箱や小物を教えてください

回答:

旦那さんのお弁当箱はもう5年以上使っているものです。二段弁当です。
子供のお弁当箱は、幼稚園が温めるために缶のものでということで、使っていたものです。
年齢と共に量が増えていっているので、お弁当箱にはおかずのみ、これにおにぎりを1つまたは2つつけています。

質問:詰める際に心がけていることは?

回答:

旦那さんは、メタボの高血圧気味なので、毎日ゴボウを入れています。きんぴらごぼうまたはごぼうサラダのどちらかはいつも入れています。
毎日作ったら大変なので、コンビニやスーパーでお惣菜のレトルトみたいに売っているものをタッパーに詰め2日に分けて使います。あと、なるべく油を使わないで調理しています。

質問:どんな思いを込めてお弁当を作っていますか

回答:

残して空腹を感じると可哀想なので、なるべく好きなものを入れておきます。
苦手なものは、家で食べましょう(笑)

質問:家族からの反応は?

回答:

子供たちは、きれいに食べてくれます。うちの唐揚げは、油で揚げないでレンジでチンする唐揚げ。
なので、硬くならずに柔らかいです。なので、その唐揚げに慣れてしまったからか、外で食べる唐揚げが硬いと言います。
「どっちが好き?」と聞くと、「柔らかいママの方がいい!」と言ってくれます。とてもうれしいですね。

旦那さんは、お弁当箱を洗って帰ってくるので、食べきっているのかわかりません。
毎日作っているので、「まずい」とか「これは入れないで」とか以外は何も言いません。
言わないってことは、おいしいと思っていいのかな、と思っています(笑)

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686