すぎラボつれづれ日記 その5(平成27年7月7日)

 

ページ番号1009599  更新日 平成28年1月21日 印刷 

画像:四隅に家族一人ずつイラスト、葉っぱつきの枝に囲まれてタイトル「すぎラボつれづれ日記」

画像:「すぎラボメンバーの身の回りで起こったあんなことやこんなこと…。子育てのことや、そうでないことも、いろいろあるんです。」の文字を手書き風にしたもの

その5 担当:ゆっきー

2015年7月7日

今年度から幼稚園に通い出した長男。毎日幼稚園がとってもとっても楽しいようで、たくさんお話しをしてくれます。
長男が楽しそうに幼稚園生活を送っているようで、親としては一安心!
その陰には、昨年度からさまざまな紆余曲折があったのです…。

入園前にやっていてよかったこと

トイレトレーニング

イラスト:便座に座った男の子

幼稚園入園前のお母さんたちが一番気になる「オムツ」のこと。
「入園前にオムツが外れる努力はしてください。外れてなくても仕方ないけど、幼稚園で何か特別したりはしません」という幼稚園があったり、「絶対に外してきてください」という幼稚園があったり、園によって対応もさまざまです。親としてもオムツ生活から卒業して欲しいのは山々ですが、子供のペースもあるので何とも言えない難しいとこ…。
家のトイレだとできるけど外出先のトイレだとできない、とか、お母さんとだと行けるけど他の人だと行けない、とか小さい問題もあるので、その辺もクリアできるとなおいいです。

衣類等の着脱

幼稚園に通い出すと、子供が自分の力でやらなきゃいけないことがたくさんあります!
服だけじゃなくて、靴下に、靴に、子供が「できない!」と投げても助けてくれるお母さんは幼稚園にはいないのです。
ズボンは脱ぎ着しやすい柔らかいもの、靴はさっと履けるスリッポンタイプのものなど、少しずつ練習しておくとよいでしょう。
園によっては「靴はスリッポンタイプのものが好ましいです」と言われますが、諸事情でマジックテープのものでないといけない場合は先生と相談しましょう。

挨拶

イラスト:お母さんと手を上げて挨拶する子ども

子供に「挨拶しなさい」と言ってもそう簡単にはいかないものです。
親から挨拶をすれば、子供も自然と真似るものです。
「おはよう」や「いただきます・ごちそうさま」など、挨拶ができるとやっぱり気持ちがいいものです。
ちなみに、長男はちゃんと「ごちそうさまでした」が言えず「ごそみしたー」と言っていましたが、幼稚園に通うようになってからちゃんと「ごちそうさまでした」と言えるようになりました。1歳の次男はまだ上手に話せませんが、「いただきます」と「ごちそうさまでした」の時は手を合わせるようにしています。

靴をもう一足購入

我が家は今までそんなに靴が汚れることはなかったのですが、幼稚園で外で遊んでくるようになると靴が何足あっても足らない!なんてことになります。
我が家では毎日のように靴を洗っており、梅雨時期は乾かないのに…と半べそ状態です。
入園してからバタバタ買い揃えるより、入園前に買っておいた方が慌てなくて済みます。
また、泥汚れに強い石鹸なんかもあるので、検討してみては?
靴下がなんでこんなに真っ黒になるの!?というくらい汚れてくることも多々あります。

入園前にやっていた方がよかったこと

気になる幼稚園の入園説明会に行く

早いところでは入園説明会が始まっているようです。
諸事情で渋っていた我が家は、気付いた時には説明会が終わっていて、結局どこの説明会にも行けず…。
とりあえず見学に行って願書をもらって、説明会に行った人に話を聞いたりと、かなり出遅れました。
結果、無事に入園できたからいいけれど、入園できなかったら…と考えるとゾッとします。
幼稚園によっては入園希望者が多くて抽選…なんてこともあるので、もしもの時の事を考えていないといけないようです。

お弁当を食べる練習

イラスト:お弁当を前にした男の子

一口に「お弁当を食べる」と言っても。

  • 袋から出す
  • 弁当の蓋を開ける、箸などを出す
  • 食べる
  • 弁当の蓋を閉める、箸などを片付ける
  • 袋に入れる

と、細かいことがたくさんあります!
子供が気に入った柄のパッチンと横で止める弁当箱を買っても、食べられないとしょうがないですよね?
…と気付いたのは入園してからだったので、お弁当が始まるまでにできるように練習させました。

登園する時間に間に合うように支度をする

イラスト:洗い物をするお母さん

入園する幼稚園が決まってからですが…。
「○時までに登園」が分かったら、それに合わせて行動してみましょう。
登園する前に何をするのか(身支度、朝御飯、…)、子供を送り出してから何をするのか(掃除、洗濯、…)。
早起きが苦手な私はぶっつけ本番で開始したので、最初は眠い目を擦り擦り…。今でも寝坊することがたまにあります。
やり始めると「もっとこうした方がいい」と、自分にあった方法が分かってくるはずです。

特に第一子の場合は何もかもが手探りで「どこから手をつけていいか分からない!」となりますが、やれることからコツコツとやっていけば入園までには間に合いますよ。
…と言う私も、未だ手探り状態だったりします。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686