特別イベント「小1の壁座談会」を実施しました!(その1・学童編)(平成27年3月4日)

 

ページ番号1009611  更新日 平成28年1月21日 印刷 

画像:ランドセルの女の子、お茶するママ2人のイラスト。ふきだしで「うちの子も、もうすぐ小学1年生かぁ…」の文字。

2015年3月4日

年も明けて、そろそろ4月からの新生活のことを具体的に考えるようになってくる頃。
特に4月に入園・入学を控えたお子さんをお持ちの家庭は「小学校生活大丈夫かな…」と不安に思うこともあるのでは?

そんな悩める家庭の力になろうと企画された「小1の壁座談会」のレポートです。

「小1の壁」とありますが、子育て中の全ての家庭にためになる話がたくさん聞けました!

先輩ママやすぎラボメンバーの体験談、アドバイスを部分的に羅列しています。

写真:座談会の様子
座談会の様子

参加者

  • Mさん:3歳
  • Tさん夫妻:5歳、2歳
  • Aさん(先輩ママ):高校2年生、中学3年生、小学5年生
  • Iさん(すぎラボメンバー):小学5年生、小学2年生、2歳半
  • Sさん(すぎラボメンバー):小学5年生、3歳
  • Nさん(すぎラボメンバー):小学3年生、年長
  • Sさん(すぎラボメンバー):小学6年生、小学1年生
  • Tさん(すぎラボメンバー):3歳、1歳

小1の壁とは?

そもそも「小1の壁」って何?

イラスト:怒ったような表情の灰色の壁

保育園から小学校へ入学すると、3月31日と4月1日を境にして突然いろんな問題にぶつかりますが、そのことを言います。
親が保育園の先生と直接コミュニケーションしたり、対応していたことを、子ども自身にやってもらわないといけなくなります。
主に、子どもが自分ですることによって生じる問題ですね。
登下校を一人でしなければならなくて、保育園より学童の預け時間が短く留守番になってしまうのが一番大きな問題です。
他の細々したことは…
トイレが和式しかなくて、トイレができない
給食の配膳ができなくて、こぼしてしまう
登下校で道に迷ってしまう等々。

学童について

働く親にとって気になるのは学童、放課後はどうなの?

イラスト:かけっこする女の子

学童には、学校内、児童館内、民間、夜だけ…といくつか種類があります。

学童は低学年優先なので小学1年生は基本的には入れます。
(学童のキャパ・年度による。入ったらおしまいではなく年度更新。定員に余裕があれば夏休みなどの長期休暇中の受け入れも可)
保育園の入園と同じように学童の入会にも指数があるんです。

時間は区立の学童だと放課後から午後6時(延長は6時30分)まで(民間だと遅くまで預かってくれる所もあるようです)、保育園とは違って時間の短さが問題になります。

夏休みなどの長期休暇中の朝は?

学童は午前8時30分からなので、親が先に出ないといけない家庭もあります。
なので、子どもが戸締りして行かないといけないこともあります。(電気を消す、テレビを消す、鍵を閉める等々)
特に4月1日からの1週間はまだ子どもも慣れていないので、親がフレックスなどを使ってあげたほうがいいと思います。
午前8時30分から建物に入ることができます。
学校が始まるまではお弁当と勉強道具を持たせてください。

学童のお昼は?

学校の給食がない日はお弁当持参です。
「コンビニのお弁当でもいいけど、つめかえてください。」と言われました。
「おにぎりと果物」とか「カレーとご飯」とかでもOKなので、あまり気負わないで!

習い事との両立はどうしたらいい?

「学校から学童、それから習い事」はOK
「学校から習い事、それから学童」はNG(児童館学童だと「児童館に遊びに行く」はできるが、「学童に行く」はできない)
習い事の時間を調整して親が帰宅するくらいの時間に終わるようにする、1つの曜日にまとめちゃう…とするといいかもしれません。
習い事の送迎をしてくれるサービス(有料)もあるので、うまく使うといいかも。

今は少し離れた所にある保育園に預けているので、顔見知りがいないのが不安

小学校の入学式の前にまず学童の保護者会があるので、1回目の学童の保護者会には必ず出席すること。
そうすると、入学式の時に誰も知り合いがいない!ということがなくなります。

『特別イベント「小1の壁座談会」を実施しました!(その2・学校生活編)』へ続く…。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686