作って遊ぼう おうち時間 その2 「玉入れ」(令和2年5月20日)

 

ページ番号1060040  更新日 令和2年5月20日 印刷 

玉入れで遊ぶ男の子のイラスト

前回(その1)は、段ボールと新聞ボールを使ってボール投げをやってみました。

ボールを投げることに慣れてきたら今度は、的を壁に付けて玉入れのように新聞ボールを投げてみましょう。

材料

  • ビニール袋
  • 梱包時に使うPPテープ
  • 新聞
  • カッター、テープ、ペン、マスキングテープなど

作り方

ビニール袋製のゴールの写真

  1. 新聞紙を丸めてボールを作る。(小学生ぐらいなら新聞紙1枚、それより小さい子は新聞紙半分が持ちやすい大きさです。)
  2. ビニール袋の口に梱包用のPPテープをつける。
  3. ビニール袋の下を切る。
  4. できた的に装飾をしましょう。絵を描いたりマスキングテープを貼ったりして装飾も楽しみましょう。

玉入れする少年の写真

作った的を壁に貼って新聞ボールを投げてみましょう。
お子さんに合わせて高さを調節します。的をたくさん作ってみたり、ビニール袋の大きさを変えてみても面白いですね。

最後に

近年子どもの「投げる力」が低下しているようです。原因は、ボールで遊ぶ場所や、遊ぶ機会が減っているからと言われています。我が子もそうかもしれないとハッとしました。
現在、新型コロナ感染拡大防止で外で思いっきり遊べませんが、家の中でもできることはたくさんあります。まずは、ボールになれることですね。我が家は、壁につけっぱなしでいつでもできるようにしてありますよ。

すぎラボライター Rique

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686