子育てママがほろっとすると噂のコンサートに行ってきました(令和元年8月1日)

 

ページ番号1054656  更新日 令和1年8月1日 印刷 

子育てママがほろっとするコンサートが杉並区内の児童館でやっているらしいという噂を聞き、6月6日大宮児童館での親子のための音楽イベント「けいこ先生とまゆ先生のわくわくリトミックコンサート」を取材に行ってきました。

けいこ先生とまゆ先生のわくわくリトミックコンサート

まゆ先生とけいこ先生の写真
まゆ先生(左)とけいこ先生(右)

夏でもベレー帽にカラータイツがトレードマークの音楽家のまゆ先生とつなぎのズボンがカラフルなけいこ先生のユニット「イタイのイタイのとんでゆけ!プロジェクト」のお二人。この日はアシスタントのりょうこ先生も。
オープニングは澄んだ音がするトーンチャイムを使っての音のキャッチボールから始まり、子育てあるあるトークで会場は一気に笑いの渦。
マットの上で座っての鑑賞のおかげか子どもたちは踊ったり、ゴロゴロしたり、駆けまわったりと賑やかで自由な雰囲気です。「子どもが泣いたり騒いだりしたらどうしよう」なんてことは気にしなくて大丈夫です。


手遊びの写真
手遊び風景

観客も一緒に歌ったり手をふったりとじっとすわって聞いているのではない参加型なので赤ちゃんも一緒に体を動かせます。また、絵本をとりいれた曲など次から次へいろんな仕掛けが飛び出して飽きさせない工夫がされています。笑いながら泣いている方もいます。

歌詞の中には「おねしょ布団があるのに外は雨」とか「食事の支度やハプニングが起きる忙しい午前中が嫌い」だとか子育て中に巻き起こる日常の風景と思いが散りばめられています。わかってくれる人がいる、みんな同じ思いを抱いているんだと嬉しくなってじーんとしてきます。「ママは十分がんばっている」というメッセージが伝わります。


観客の様子の写真
子どもも自由に踊っています

曲は子育てで疲れているときに浮かんできたというまゆ先生オリジナル。親子コンサートといいつつ「ママにすっきりして帰ってほしい」が主旨とのことでママのハートに響いている様子でした。

アンコールは本格的なピアノの連弾。子どもに負担のない40分間ほどで終了です。

参加者の声

初参加Eさん

初めて参加したのですが、演奏が本格的でびっくりしました。「♪うそでしょ」という曲がとてもよかったです。また来ようと思います。

5回目リピーターKさん

最初に参加して歌を聞いたとき「あっ、私ってがんばっていたんだ」と気づき、共感してもらえて涙がこぼれてとても癒されました。子どものためといいつつ、実は自分のために来ています。男の子の子育てで苦労した時に歌詞で勇気づけられました。今ではオムツ替えしながら歌を口ずさんでいます。歌いやすくて覚えやすいので旦那さんに愚痴りたい時にわざと口ずさんだりもしています。

取材を終えて

子どもはかわいいけれど、子育てはいろんなことが起こります。「仕事では褒めてくれる人がいるのに子育ては当たり前すぎて誰にも褒めてもらえない。こんなに頑張っているのに」と言うに言えないジレンマを筆者はかかえていました。歌詞を聞いてほろりと涙を流すママがいるのは、同じ思いを抱くママがたくさんいらっしゃるということ。泣いて笑って共感してもらえる時間は本当に嬉しいものです。観客の半分がリピーターなのも納得です。

今後のコンサート日程

メンバーの写真
6月6日のメンバー
(左からまゆ先生、けいこ先生、りょうこ先生)

今後の主なコンサート日程は下記です。お申し込みは各児童館に直接お問い合わせください。0歳児以上対象ですが、集まった年齢により内容を変えているとのこと。毎回満員御礼とのことで早めの申し込みがいいかもしれません。

松ノ木児童館 9月11日(水曜日)
しゃべり手めぐさんと音楽家まゆ先生のほんわかベビーマッサージ

大宮児童館 9月27日(金曜日)
しゃべり手めぐさんと音楽家まゆ先生のほんわかベビーマッサージ


毎月のようにどこかしらの杉並区内児童館で演奏するとのことで、スケジュールは杉並区児童館情報でご確認ください。

「イタイのイタイのとんでゆけ!プロジェクト」に関する詳細は以下のリンク先をご覧ください。

すぎラボライター バンビ

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課庶務係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686