杉並区の紹介

 

ページ番号1009786  更新日 令和3年6月3日 印刷 

写真:杉並区の位置

杉並区は東京23区の西端に位置し、おおむね方形で23区中8番目の広さを持っています。
東は中野区・渋谷区、西は三鷹市・武蔵野市、南は世田谷区、北は練馬区に接しています。
西武新宿線・JR中央線・東京メトロ丸の内線・井の頭線・京王線の5線が区内をほぼ東西に走り、都心から近い好立地にありながら、妙正寺川・善福寺川・神田川の3つの河川を有し、水とみどりに恵まれた住宅都市としての性格を持っています。

杉並区基本DATA(令和3年4月1日現在)

  • 面積:34.06平方キロメートル
  • 総人口:573,375人
    (日本人 557,157人)
    (外国人 16,218人)
  • 令和3年度予算:1,990億2,500万円(一般会計)

年齢別人口ピラミッド

グラフ:年齢別人口ピラミッド 総人口573,375人のうち男性は275,009人、女性は298,366人です。年少人口(0~14歳)の割合は10.6パーセント、生産年齢人口(15~64歳)は68.4パーセント、高齢者人口(65歳以上)は21.0パーセントです。


一般会計の総額を1万円に換算すると

棒グラフ:保健福祉費 健康を守るために、高齢者や障害者のための仕事、保育園などの社会福祉に 6,073億円 教育費 小中学校、幼稚園などの学校教育、図書館・体育館などの社会教育 1,120億円 都市整備費 まちづくり、公園や道路の建設、自転車対策など 845億円、生活経済費 区民施設の管理、戸籍事務、産業振興など 621億円、総務費 広報、庁舎管理、防災対策など 612億円、環境清掃費 リサイクルなどの環境対策、ごみの収集・運搬など 449億円、公債費 区債の償還など 217億円、議会費 区議会の運営 48億円、その他 その他予備 15億円


区名の由来

江戸時代の初期、成宗と田端両村の領主であった岡部氏が領地の境界を示すため、青梅街道に沿って杉並木を植えたことに始まります。この杉並木は、明治前にはなくなってしまいましたが、明治22年に高円寺・馬橋・阿佐ヶ谷・天沼・田端・成宗の6村が合併した際に「杉並村」となり、この時初めて「杉並」の名称が用いられました。その後、村から町となり、昭和7年に井荻町・和田堀町・高井戸町と合併しましたが、4町の中では最も発展が著しかったため、その名が残され、”杉並区”が誕生しました。

杉並季節

(注)新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、一部行事は中止となっています。

1月
初詣
獅子舞
どんど焼き
2月
節分
初午祭
菜の花畑(井草森公園)
3月
ひな祭り(郷土博物館)
4月
桜(善福寺川緑地)
5月
荻窪の音楽祭
わかば祭(大宮八幡宮)
菖蒲(神田川)
杉並チャリティウォーク
6月
久我山ホタル祭
7月
長泉寺ほおずき市
8月
阿佐谷七夕まつり
杉並方南歌謡祭&みんなで踊ろうエイサー
東京高円寺阿波おどり
コスモス畑(井草森公園)
9月
荻窪白山神社女みこし
神社例大祭
10月
阿佐谷ジャズストリート
11月
すぎなみフェスタ
大田黒公園紅葉ライトアップ
酉の市
荻窪の音楽祭
12月
阿佐ケ谷駅前イルミネーション
トゥインクルタウン久我山平和会
本の帯アイデア賞
桜(善福寺川緑地)
【桜(善福寺川緑地)】
東京高円寺阿波おどり
【東京高円寺阿波おどり】
コスモス畑(井草森公園)
【コスモス畑(井草森公園)】
写真:大田黒公園ライトアップ
【大田黒公園紅葉ライトアップ】

 

このページに関するお問い合わせ

総務部人事課人事係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3314-3497